« 「ふるさと」に帰る(2)<2011. 06. 14> | トップページ | ホームページ開設のお知らせ »

生と死について
<2011. 06. 15>

 筑波大学名誉教授で遺伝子工学の第一人者、村上和雄先生は、最近『人を幸せにする 魂と遺伝子の法則』(致知出版社)という著書を出されています。さっと読ませていただきました。

 村上先生は昨年11月に軽い脳梗塞で10日間入院された。入院とその後の自宅静養から、多くのことを学んだ、と「まえがき」に書かれています。この御本で心に残った、魂にひびいた言葉を記しましょう。(要約)

     *

 ○ DNAは生命の設計図と呼ばれているが、正確には身体の単なる設計図。細胞を作るのに必要な材料を集め、必要なエネルギーを使い、設計図通り組み立てている細胞の建設業者は誰なのか。それが「サムシング・グレート」(神)だ。

 ○身体は、地球からのレンタル。私たちは「神のからだ」を借りて生きている。一定期間は地球上で使うことができるが、やがて死によって借り物である身体を大自然に返すのである。身体の貸し主は、大自然、「サムシング・グレート」(神)。

 ○では、借り主は誰か。借り主は「魂」である。

 ○遺伝子に魂はない。

 ○死は、次の新しい生きものを生むための準備。

 ○遺伝子の観点から見れば、誕生と死はペアでプログラムされている。死をプログラムされていない生き物は、進化レベルで大変不利だ。

 ○死は再生への出発点。もし、死が人生の敗北であるなら、すべての人生は敗北で終わってしまうことになる。しかし、科学の世界から見ても、死は再生(生まれ変わり)への出発点なのである。

 ○真の健康は、単に病気がないだけでは成り立たない。誕生と死を貫く、生きとおしの「魂」の健康にも、目を向ける必要がある。
「魂」は個人レベルを超えて、多くの人と無意識のレベルではつながっている。さらに「魂」は人間レベルを超えて、大いなる存在につながっている。だから、魂の健康には、人間を超えた「大いなる存在」ときちんとつながっている状態が大切である。

     ○

 『致知』7月号には、「生命(いのち)のメッセージ」という連載対談で、村上和雄先生が天外伺朗(てんげ・しろう)天外塾塾長と対談された記事が、載っています。その中で、天外さんが言っておられる言葉──

     *

良寛に有名な言葉がありますね。
「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候 死ぬ時節には死ぬがよく候 是はこれ災難をのがるる妙法にて候」
 実はこの言葉、大地震のお見舞いの手紙の中の一節なんですね。
 僕はこれ、ものすごく深いと思います。人間の運命というものは、そんなに簡単によし悪しのレッテルをつけられるものではありません。悪いと思った中に素晴らしい運命の種があるし、いいと思った中に悪い種がある。
 災難や逆境がなぜ苦しみになってしまうかというと、その摂理に目を向けられず、じたばたとそこから逃れようとするからです。
 だから、まさに今回もこの良寛の言葉に当てはまることで、起きてしまったことを嘆いてもしょうがない。この大災害を日本人全員かしっかりと受け止める。そこから次に繋がるよい種を見つけ出し、新しい出発をすると。

     *

 ──現象は影にすぎず、本来無し。肉体は仮(借り)のもの、本来無し。「今」に感謝し、「今」精いっぱい、愛を行じてまいりましょう。
 谷口雅春先生作詞「使命行進曲」を高らかに歌いながら。

 それが、村上和雄先生の言われる「魂の健康」への道なのだと信じます。

     *

 使命行進曲

1.人間何の目的ぞ
    人生何の意義ありや
    その目的を知らずして
    人と生れて甲斐ありや
    人と生れて甲斐ありや

2.人は生命(いのち)を神に享(う)け
    神の最高実現と
    此世(このよ)にうまれ使命享く
    使命果さず甲斐ありや
    使命果さず甲斐ありや

3.愛行(あいぎょう)こそはわが使命
    神は愛なりただ与う
    神のみ跡をまなびつつ
    われ愛行にいそしまん
    われ愛行にいそしまん

4.使命に生くる者のみが
    知るよろこびを我れ生きて
    生命(いのち)きたえていざ起(た)たん
    たましい浄めいざ行かん
    たましい浄めいざ行かん

« 「ふるさと」に帰る(2)<2011. 06. 14> | トップページ | ホームページ開設のお知らせ »

コメント

ありがとうございます

昔の言葉に塞翁が馬と云うのが有ります。
この言葉は何が幸いか判らない。

と其れだけですが、
本当の深い意味は先生のお言葉のように
光明を振り向く処に真の価値が有るんでしょうね。

いつも素晴らしい教えを
有難うございます。

渡邉

投稿: 中仙堂 | 2011年6月22日 (水) 19時23分

ときどき開いてみていたのですが コメントが無かったので暫くお休みしていたら素晴らしいご文章が載っていて 感動しながら読ませて頂きました。

投稿: こばやし | 2011年6月26日 (日) 19時54分


http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=5914&post_id=220868&order=0&viewmode=flat&pid=0&forum=8#forumpost220868

「チャンネル桜掲示板」
中山堂
日本が最大の援助国だったと知って

以下、ご興味がございましたら

中仙堂

投稿: 中仙堂 | 2011年8月28日 (日) 10時55分

合掌ありがとうございます

板橋の渡邉でございます。
僭越ですが、また新しいページを構築中です。
皆様のお知恵を拝借致したいと存じます。
どうぞご遠慮なく、
ご意見をお寄せ下さいませ。

『グレートリバー物語り』
http://www33.tok2.com/home/kankyou/great.html

投稿: 中仙堂 | 2011年10月23日 (日) 00時13分

Don't have enough cash to buy a building? You should not worry, because it is available to get the mortgage loans to work out such kind of problems. Thus take a college loan to buy all you need.

投稿: RosalynCardenas31 | 2011年12月29日 (木) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206608/51943347

この記事へのトラックバック一覧です: 生と死について<2011. 06. 15>:

« 「ふるさと」に帰る(2)<2011. 06. 14> | トップページ | ホームページ開設のお知らせ »